ダウン症 特徴 性格

ダウン症、特徴、性格

スポンサーリンク

あなたはダウン症をご存知ですか?
ダウン症は、染色体異常が原因で起こる生まれつきの疾患です。
染色体数が通常よりも多かったり、少なかったりする数的異常や構成の一部が欠けている構造的異常がある状態は染色体異常と呼ばれますが、21番目の染色体に異常がある場合、ダウン症とみなされます。
ダウン症には、全体の約90%を占める標準型21トリソミー、全体の約3パーセントを占める転座型21トリソミー、全体の約1パーセントを占めるモザイク型21トリソミーの3種類があります。
これらのダウン症の症状としては、言語面、知的面、運動面で発達上の遅れが見られる点が挙げられます。
また、筋力の弱さや肥満、低身長、難聴の他にも斜視、屈折異常、先天的白内障など眼科的問題を抱えている場合も多くあります。
大人になるにつれて、心疾患を伴うことも多いとはいえ、現在では教育や医療、療育が進み、殆どのダウン症の方は普通な社会生活を送られています。
ダウン症の方の場合、顔の外側のみが成長する傾向があるため、つり上がった小さい目が特徴として挙げられます。
また、ダウン症児の性格は人なつっこく、社交的で明るいので新しい環境にも問題なく溶け込めます。
性格的に強情な側面が見られることもありますが、優れた感性を持ち合わせ、一つの物事をずっと続けることに長けているという特徴があります。
ダウン症児には療育、教育が将来のために大切な鍵となるのです。
筋力が弱いため、ハイハイ、つかまり立ち、寝返りなどはゆっくりと出来るようになります。
赤ちゃんの頃からスキンシップを沢山取ると、ダウン症児には良い刺激となり、筋力促進にも繋がります。

スポンサーリンク

また、リハビリセンターに定期的に通うようにし、専門家による正しい指導も積極的に受けることで精神衛生上、良い影響を与える事が出来ます。
ダウン症児は身体の発達がゆっくりで筋力が弱いため、便秘になりがちです。
ですのでお腹の軽いマッサージをしてあげるようにしましょう。
具体的には身体を仰向きにしてお腹を軽く挟むように優しくマッサージすると腸の働きが活発になり、効果があります。
ポイントは優しく、ゆっくりと行うという点です。
また、ダウン症児はお肌にトラブルが起きがちです。
自分で体温調節がうまくできないため、小さい頃から敏感肌でガサつきがちです。
また、アトピー性皮膚炎になる幼児も多く見られます。
そのため、クリームをこまめに塗る、肌をなるべく外気に当てる、マッサージをするなど、注意してあげましょう。
夏場は日焼けをしないように気をつけてあげることも大事です。
このサイトでは、ダウン症の特徴や性格、具体的な対処法、療育、教育などについて詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ読み進めてみてください。
ダウン症児は家族の温かい愛や理解を得ることで、大きく成長し、プロの演奏家や画家、俳優、また飲食店経営など自分の得意な分野で活躍している方が沢山います。
正しい方向へ導いてあげることが出来れば、きっとあなたのお子さんも将来素晴らしい成長を遂げることでしょう。

スポンサーリンク