ダウン症 出生 体重

ダウン症に見られる出生体重

スポンサーリンク

ダウン症とは染色体に異常が生じる病であり高齢出産と深い関係があると言った事が明らかにされています。
妊娠する母親の年齢が高くなればなる程卵子が老化し染色体の分裂が正常に行われなくなるのではないかと考えられているのです。
ダウン症の症状には特徴的な見た目と知能や運動能力の発達に遅れが見られます。
そして妊娠中にも発育の遅れが見られるケースも多く週数に比べて胎児が小さいと言った事が度々みられます。
この病を持つ子供は出生時の体重が比較的軽いと言った傾向があり、低体重児として生まれてくるケースも多い様です。
低体重児とは、出生体重2500g以下の状態の事を言いますが、身体の機能が不十分であり、合併症や感染症にかかりやすいと言ったリスクを持っています。
更にダウン症である場合には耳や心臓等に障害を抱えていると言った事が多く出生後暫く間保育器で経過観察が必要になる事も多いのです。
しかし胎児の発育が遅れる原因には、ダウン症だけではなく様々な原因が考えられます。

スポンサーリンク

胎児の成長が遅れがちである場合に考えられる原因には、妊娠中の偏った食生活による栄養不足、飲酒、喫煙等が挙げられます。
そして最近では歯周病持つ妊婦は低体重児を出産するリスクが高まると言った事が報告されています。
しかしこれらの問題は母親自身の健康管理で低体重児の出産リスクを回避する事ができますが、ダウン症等の病による発育の遅れは回避する事は困難となります。
母親の健康管理に何ら問題が無いにも関わらず胎児の発育が悪いと言った場合には、ダウン症と言った病が隠されているケースも珍しくないのです。
この場合には胎児の成長の遅れ以外にも特徴があらわれるケースがあります。
それはエコー検査で異常が見られる事が多く首の後ろに浮腫みがある、手足の長さが短い、心臓に障害が見られると言った異常です。
しかしこの病を診断する為には染色体検査を行う必要性がありこの検査は任意で行っています。
現代では高齢出産を行う女性が増えるとともに妊娠中に染色体検査を受ける方が増加しているのが現状です。
この病は母親自身の健康管理で予防する事は難しい為に、出生前に診断を下し妊娠を継続させるのか断念するのかと言った選択を行うしか方法は無いのです。

スポンサーリンク