胎児 大きめ ダウン症

胎児が頭が大きめだとダウン症なのか

スポンサーリンク

最近では晩婚化が進みそれに伴って出産する年齢も高くなっています。
高齢出産で問題となるのはダウン症の子供が生まれることです。
子供がダウン症となると他の子に比べて成長が遅くなり、同じように育てていくことができません。
そのため将来社会にでても同じように仕事に就くことができなかったりして何かと不便を感じることになります。
そのため結婚したらすぐに出産しようとあせる夫婦特に奥さんのほうにはその気持ちが強くなります。
妊娠すると検査を受けることになりエコー検査などでは胎児の大きさなどを確認できます。
その時に頭が大きめだとダウン症の疑いがあるのではと心配する親がいます。
しかし必ずしもそうではなく、赤ちゃんが成長するのは頭から大きくなりいざ出産すると頭と体のバランスが取れた状態で生まれてきて、元気で何の病気でもない状態で生まれてくることがあります。
なので胎児の頭が大きめなのかどうかは必ずしも病気と関係ないことになります。

スポンサーリンク

胎児がダウン症であるかどうかは母親のおなかにいる間に検査することができます。
検査することで生まれてくる子供が不憫のため中絶するという選択肢もありますし、生まれる前からこのことを受け入れて子育てをする親もいます。
どちらにせよ親として子共と向き合っていくには覚悟が必要となります。
胎児としてお母さんのおなかの中にいる間の検査結果にも一喜一憂することが多いですが、最後は生まれてきてからどうかということになります。
子供が大きめであっても小さめであっても生まれてくる子供を育てていく覚悟ができているのであれば、ダウン症であっても関係ないので検査をしないで無事生まれてくるのを待つという選択肢も間違いではありません。
検査の結果、病気で生まれてくる子供と知っていても愛していける親であればどのような状況でも子供第一に考えて育てていけるので、子供は幸せに育てることができます。
子供がどのような逆境の立場にたっても応援し続ける親となります。

スポンサーリンク