ダウン症 外人 顔

ダウン症の外人と日本人とでは顔の特徴が似ている

スポンサーリンク

ダウン症の人は、日本に限らず世界各国にも存在します。
日本では1,000人に1人の割合で毎年誕生すると言われますが、アメリカでは6,000人もの乳児がその障害を持って誕生しています。
人口の差にもよりますが、原因が染色体異常のため、国に隔たりはあまりありません。
ダウン症の特徴には顔つきが挙げられますが、見た目が共通していることも多いです。
これは外人にも当てはまることで、くっきりとした二重や低めの鼻、全体的に童顔であるのも共通しています。
ただ、肌や目の色は違ってはきますが、それ以外は日本人と外人とではほとんどが変わらない見た目です。
これは、染色体の異常が原因であるため、その特徴が共通するようになります。
たとえ、親が違っても多少の遺伝はあるでしょうが、それよりもダウン症ならではの顔つきが強く出てしまうのです。
人種的に白人の外人では、目が大きく鼻が高いなどの堀が深い顔の作りが目立ちます。
そのような見た目の人がたくさんいる中で、ダウン症の特徴は特に目立ってしまうようになります。

スポンサーリンク

一部の外国では、障害を持つ人との交流が日本以上に盛んです。
親同士のコミュニティはもちろんのこと、情報交換や助け合いなどで絆が生まれています。
特にダウン症の人は、人種に関係なく外人であっても顔が似てくるため、親近感が持てるという場合も多いです。
人種による見た目はときに差別を作ってしまう原因にもなりますが、そういうものは関係なく、世界共通の特徴として触れ合える機会にもなれます。
ダウン症の人は、性格的に優しく思いやりのある心を持つと言います。
特に欧米ではエンジェルベビーとも言われ、愛らしい見た目やその天使のような心に好意が寄せられているのです。
顔の特徴から日本人以上に目立ってしまう場合も多いですが、理解のある国ではそれなりに受け入れられています。
日本人のような黄色人種では、元々の特徴がそれほど差が大きく出ないことから、気づかれない場合もよくあります。
ただ、見た目が似ている分、大きな違いは言語や文化ぐらいです。
それほど共通している部分が大きく、外人であっても見た目にほとんど差がないのがこの障害の共通点です。

スポンサーリンク