妊娠中 ダウン症 気づかない

妊娠中はダウン症に気づかない場合も少なくない

スポンサーリンク

妊娠中は、ダウン症への心配がある人は出生前診断でその確率を調べていくことはできます。
疑いの強い確率が出たときは羊水検査をするなどして、診断をしていきます。
しかし、この方法ができるのは妊娠週によって限りがあるので、なるべく早い時期に受けていかなければいけません。
それ以外で確かめる方法は、エコー検査です。
エコー検査は安定期に入るころから行われます。
昔と比べてだいぶん性能が高まり、今では4Dの画像を扱う産婦人科もあります。
つまり、それだけ鮮明に胎児の様子を見れるようになったため、妊娠中でもダウン症の可能性が特定されやすくなりました。
このエコー検査で身体的な特徴が見られた場合、医師から染色体の検査が勧められます。
ただし、首の後ろの浮腫など、疑いが強い場合にしか医師からは言われないことも多いです。
実は、妊娠中に定期的な健診や、検査が受けられるようになっていても、気づかない場合は珍しくありません。
その理由は、年齢により出生前診断を希望しなかったり、エコー検査でも特徴が分かりづらかった場合に気づかないこともあるのです。
妊娠中にダウン症が気づかないことは珍しくなく、現実は出産から判明されるほうが少なくありません。

スポンサーリンク

ダウン症にもいろいろな見た目や症状があり、身体にあらわれる特徴でも目立つ場合やそうでない場合もあります。
エコー検査でもその部分が隠れていて気づかない場合や、出生前診断でもあくまで確率をあらわすだけとなります。
ただし、ダウン症は心臓疾患を抱えている場合も多く、重症な場合は妊娠中でも疑いが持てる確率は上がります。
また、胎児が成長するにつれて体も大きくなり、特徴も分かりやすくなるという点もでてきます。
よく妊娠中に胎動が少なければ、障害の可能性があると言われていますが、それは迷信にすぎません。
ダウン症は筋肉の未発達が目立つため、それで胎動が少ないと言われています。
しかし、医学的な根拠はなく、お腹の大きさで男女の区別ができると言われているのと同じです。
妊娠をしても他の健常児と同じような状況となるので、病院で詳しく診てもらわない限りは分かりません。
出産後に新生児の検査がいろいろと行われ、生後しばらくしても検診が定期的に続きます。
生後すぐに診断がおりる場合がとても多く、軽度であっても検診の過程で疑いを持たれることもあります。
生まれてくる子供に障害のリスクがあれば、育児の大変さからそれなりの覚悟は必要ですが、あまりストレスを抱えずに出産を迎えていくのが大切です。

スポンサーリンク