新生児 二重まぶた ダウン症

新生児の二重まぶたはダウン症の症状なのか

スポンサーリンク

ダウン症を正確に診断する為には染色体検査を行うしか方法はありません。
そしてこの病の子供は、特徴的な顔つきをしていると言った事が知られています。
その特徴とは、目がくっきりとした二重まぶたをしており目尻がつり上がっています。
そして鼻が低く扁平な顔立ちをしており、口が開いたままで舌を出していると言ったケースも良く見られます。
この病は妊娠する母親の年齢が高くなればなる程発症する確率が上がると言った事が明らかにされており、加齢による卵子の老化が関わっていると考えられています。
そして現代は女性の社会進出から晩婚化が進み、高齢出産の増加に伴ってダウン症の出生率が上がってきています。
その中でダウン症に対する認知度も広まり、この病に対する情報が溢れかえる中自身の子供がダウン症では無いかと不安になる母親が増えているのです。
この病の新生児に見られる特徴としてくっきりとした二重まぶたであると言われていますが、健常児であっても生まれつき二重まぶたで生まれてくるケースは非常に多く二重まぶただからと言って不安になる事はありません。

スポンサーリンク

この病を新生児の時期に見た目の特徴だけで判断するのは非常に難しく成長とともに特徴的な顔つきが目立ち始めると言ったケースも良くあります。
そしてこの病を持つ新生児の見た目以外の特徴としてあまり泣かない、ミルクや母乳の飲みが悪い、抱き心地にふにゃふにゃとした違和感があると言った特徴があります。
この病の症状である特徴的な顔つきと更にこう言った特徴が当てはまっているという場合にはダウン症である可能性は高まります。
そしてこの病を持つ子供は、耳や心臓に障害を抱えていると言ったケースも多く出生前や出生後にそう言った障害が見られ、ダウン症の可能性があると医師が判断した場合には、染色体検査を勧められるケースもあります。
この病は見た目の特徴や症状だけで診断を行う事は不可能であり確定診断を行う為には必ず染色体検査が必要となるのです。
退院後この病の特徴的な症状が見られ不安であると言った場合には染色体検査を行う事が可能です。

スポンサーリンク