ダウン症 宣告 傾向

ダウン症だと宣告されるまでの傾向

スポンサーリンク

エコー検査の段階から授かっている赤ちゃんがダウン症の可能性があると言われている親御さんでも信じて産む人もいればダウン症でも関係ないと考えて産む人もいます。
それぞれの意見があって、それぞれの判断があることは尊重すべきことです。
しかし、無事に赤ちゃんを出産して、ただ可能性の問題で聞かされていても、いざ本当にダウン症なのかどうかということに関して、すぐに宣告されるのか、それともしばらく期間を置いて宣告されるのか傾向がわからないという人がほとんどです。
宣告までの傾向はほとんど決まっていて傾向通りの行動をする医師の姿を見て覚悟する人はとても多いです。
まず、ダウン症が疑われる赤ちゃんの場合、生まれた直後から顔つきや体の特徴を見ます。
それだけですぐわかるので、それからは詳しい検査をするために赤ちゃんを連れて行きます。
しかし、すぐにわかったとしても大体産後に起きる気分の落ち込みが回復してくる2週間以降に親御さんへ伝える場合が多いです。

スポンサーリンク

伝えられる時は、個室に呼ばれて病気の可能性があるという切り出し方をされます。
そこで、この病気はどのようなものなのか合併症はあるのかどうかなどの詳しいパンフレットを渡されます。
一般的に覚悟していてもしていなくても動揺する人がほとんどなのでゆっくりと話していきます。
さらに、状態によっては児童福祉センターなどを紹介する場合も多く出てきます。
医師はたくさんの親御さんを見てきているので、病気だとわかった時の動揺というものは熟知しています。
そのため、パニックにならないように言い方に配慮をする医師がほとんどです。
かといって、産後早い段階で病気の疑いを伝えられなかったとしてもまだ安心はできません。
1ヶ月検診の際に筋力の弱さや顔つきなどを再度見て、健康体ではないと判断されて検査をした結果病気だったという可能性も少なくありませんので退院したから大丈夫というのは少し楽観的です。
しかし、なってしまったという事実は後ろ向きにとらえるのではなく、前向きに付き合いながら子育てを楽しんでください。

スポンサーリンク