新生児 ダウン症 検査

ダウン症は新生児に多く現れ妊娠中でも検査で判断できる

スポンサーリンク

ダウン症とは先天性の疾患群のことを指し、その特徴は新生児に多い遺伝子疾患になります。
この症状を持ってしまった新生児は一昔前までは死産や流産を起こす可能性が高くなってしまう、また無事に出産できたとしても寿命が短く成人まで生きることができないと言われるほど危険性の高いものでした。
しかし現在では医療技術の発達や早期の発見や療育によって以前のリスクは大幅に減少し、普通の人と変わりなく毎日を過ごすことができるほどになっています。
ダウン症が発生してしまう原因は、精子と卵子の形成時に起こる減数分裂による染色体の不完全分離によるものです。
本来ならば染色体は親から子へ受け継がれる時に1つのものをちょうど半分にするため2本で1組になります。
しかしこの時何らかの理由で3本1組の染色体ができてしまうことがあり、この組み合わせによってダウン症が発生します。
さらに染色体以外の原因として、親が持っていた症状が子供に遺伝してしまったとの例もあります。

スポンサーリンク

妊娠中にダウン症を判断する方法がありますが、エコー検査の場合ではわかりにくいことがあるため別の方法を行います。
判断するための検査方法として羊水検査、血清マーカーテスト、新出世前診断と呼ばれる検査があります。
さらに産まれた直後の判断場所として手足の指に注目します。
例えば新生児の足の親指と人差し指がくっついておらずに離れている場合、症状を持っている可能性があります。
この判別方法は一般の人でもすぐに見つけて見分けることができます。
ダウン症を持つ人は外見の特徴が顔に現れます。
例えば他の人と比べて目つきが鋭い、平面的な顔つきをしているなどがあります。
他にも知覚障害を持つ場合や身体の成長速度が緩やかな傾向などの身体的、または性格の特徴がありますが、中には一般の人と何も変わりなく過ごしている人もいます。
風邪や病気と異なり普通に接している分には他人にうつることはないため、差別や偏見を持たないようにしましょう。

スポンサーリンク