ダウン症 染色体検査 違った

ダウン症の染色体検査は違ったのか

スポンサーリンク

ダウン症という病気があります。
この病気を持って生まれた子供には特徴があります。
それは顔つきが特徴的になっているということです。
しかし素人ではしっかりと判断をすることが難しいと考えられています。
見た目だけでは気がつかないこともあります。
しかし専門的な知識がある人にとっては、見ただけでも判断をすることができるというような人もいます。
したがって見た目でその疑いがあるというような場合には、ダウン症の可能性があるので検査を受けるように進められています。
日本では、検査に関しては両親が同意をした中で行われるようになっています。
したがって病院で必ずしも染色体検査が行われるということではありません。
しかしすぐに検査を受けるということが多いということではありません。
数週間から数ヶ月の間にミルクをあまり飲まなかったり、体が軟らかいというような違った症状があるときに、染色体検査を受けるということが多くなっています。

スポンサーリンク

ダウン症とひと言で言っても症状が軽い場合もあります。
従って誰も気がつかないままそのまま成長して、大人になって初めてわかったというようなこともあります。
しかし昔とは違った現在では、染色代検査が簡単に行えるようになっています。
したがってダウン症の診断に困るということは少なくなっています。
このような検査が行われるようになったのは50年ほど前と考えられています。
昔は今とは違ったというのは、このような検査を受ける人が少なかったということです。
昔は今とは違い、ダウン症の場合20歳まで生きることができないと考えられていました。
実際に約40パーセントは10歳以下でなくなっていたという結果があります。
それは合併症で心臓疾患を患っているということが多かったからです。
しかし現在では医学の進歩によって長く生きることができるようになっています。
したがって適切な治療を受けるためにも、染色体検査を受ける人が多くなっています。

スポンサーリンク