妊娠中 ダウン症 兆候

妊娠中にダウン症の疑いが持てる兆候

スポンサーリンク

妊娠中でダウン症の疑いを調べたい場合は、出生前検査があります。
しかし、これ以外にも確率ではなく、疑いのある兆候が分かる場合もあるのです。
それがエコーでの検査になり、妊娠検診のときに毎回行われるエコーによる画像で疑いが指摘されることも起こります。
ある程度胎児が大きくなければ分かりづらくはなりますが、胎児の部分的な成長に異常が見られた場合に、兆候として見られるようにです。
具体的な兆候には、後頭部のむくみが挙げられます。
後頭部は首の後ろの部分になり、これが厚さが3mm以上だとダウン症の可能性が高くなります。
厚みがもっと増すとさらに可能性は高くなるので、妊娠中は見逃せません。
妊娠11週から13週までにエコー検査で分かってくるため、ここで何か指摘されたら意識しておいた方がいいでしょう。
また、手足が極端に短いのもダウン症の疑いは強まります。
この状態を四肢短縮と言い、無事に誕生したダウン症の人は手足が短いのが特徴です。
妊娠中でのエコー検査は胎児の体のバランスから見ていき、明らかにバランスが悪いのは疑わしいです。

スポンサーリンク

他にも、鼻や背骨の形成がしっかりしていない場合なども、ダウン症の兆候となるかもしれません。
そして、心臓に白い点のようなものが見える場合、これも疑いを持たれる特徴です。
しかし、海外では重視されるものの、アジア人ではよく見られる特徴があるので、日本ではあまり気にされないようです。
エコーの検査では、身体的な特徴が映し出されるので、妊娠中でも全くわからないわけではありません。
鼻が低くて幅広い、小指の関節が1つしかなかったり、首が異常に太いのも兆候となる可能性があります。
このようなエコー検査で疑いが強く出た場合は、血液検査から羊水検査を受けた方がいいかもしれません。
それであるとより高い確率が出てくるので、慎重に考えていけるようになれます。
ダウン症は高齢出産ほど確率は上がります。
最初から疑いがある人は出生前検査を受けていくことができ、妊娠中であっても十分に確認ができます。
しかし、エコー検査であってもあくまで疑いであり、100%確実とは言いきれないのでよく理解しておきましょう。

スポンサーリンク