36歳 ダウン症 確率 出産

36歳で出産するときのダウン症の確率

スポンサーリンク

一般的に、ダウン症は母親の年齢によって生まれてくる確率が異なります。
年齢が高齢であるほどその確率は高くなってしまうので、高齢出産はダウン症を含めた障害のリスクをあらかじめ予測しておかなければいけません。
高齢出産ほどリスクがあるというのは、こういった事情も含まれているからです。
高齢出産は35歳以上からを言い、ダウン症もそれを境に一気に確率が上昇します。
しかし、現代では晩婚化の影響で35歳以上で出産をする人は珍しくありません。
ここでは36歳からの確率について調べていくと、36歳ではアバウトで1/400というデータとなっています。
前後の35歳の1/450、37歳では1/250というデータと比べるとその上昇が分かると思います。
35歳と36歳ではそれほど差がないように見えますが、注意したいのが37歳からです。
一気に150の差が出てしまうため、年齢が1歳違うだけでここまで違ってしまいます。
しかし、なぜ母親の年齢によってここまでリスクが大きく変わってしまうのでしょうか。
それは、母親の卵子の状態が影響しているからです。

スポンサーリンク

女性は卵巣という臓器を持ち、思春期に初潮が始まり女性ホルモンを分泌する役目をします。
そして卵子を排卵する働きをし、その卵子は生まれたときから相当な数を持っていると言われます。
これが排卵ごとに出され、卵子がなくなる頃には閉経を迎えます。
卵子は女性の年齢とともに年を取るので、若いほど質が良くて妊娠しやすく、年を取るほど老化があらわれてきます。
つまり、質の悪い状態となるので、受精をしたとしても何らかの先天性異常を抱えてしまう確率が高くなってしまうのです。
こういった意味から見ていくと、年齢が若いほどリスクの少ない妊娠・出産が望めます。
しかし、女性の活躍から理想的な出産を目指すのは難しくなりました。
今では40歳以上でも妊娠を望む人は増えましたが、残念ながらダウン症の確率はかなり高まります。
36歳は40代と比べるとそこまでありませんが、全く心配ないとはいいきれません。
パートナーとは将来のことも含めて十分に話し合い、心配な場合は検査をするなどして対策を取っていくようにしましょう。

スポンサーリンク