ダウン症 胎動 多い

ダウン症の胎動が多い少ないと言った特徴

スポンサーリンク

ダウン症とは染色体異常により発症する病であり現代の医学では治療方法がありません。
この病の症状とは、特徴的な見た目や知能や発育の遅れ等ですが合併症として耳や心臓に障害を抱えて生まれてくる事も珍しくありません。
そしてダウン症の発症には高齢出産が深く関わっている事が明らかにされており、加齢による卵子の老化が影響しているのでは無いかと考えられております。
そしてこの病を診断する為には染色体検査が必要になり、この検査は妊娠中に羊水や母親の血液を採取して行います。
この検査は任意で行われていますが、非常に高い確率でダウン症を検出する事が出来る為に利用者が増加しています。
そしてこの病を持つ子供には妊娠中に特徴が見られると言われています。
それはエコー検査での首の後ろの浮腫みや手足の長さの異常です。
この病を持つ胎児は首の後ろが浮腫み手足が短いと言った特徴が見られる事があり、時に医師から指摘されると言ったケースがあります。
しかしエコー検査では、腹部にあてるエコーの角度や胎児の姿勢により多少の誤差が生まれる為にダウン症だと決定付ける事は出来ません。

スポンサーリンク

この病を持つ子供は、胎動が弱く少ない傾向があると言った話を良く耳にしますが、胎動の感じ方には大きな個人差がある為にダウン症と妊娠中の胎動の感じ方には因果関係は無いと考えても良いでしょう。
妊娠中に胎動が少なく弱いと感じていた場合にも何の問題もなく元気に生まれてくるケースが殆どであり、胎動が強く多いにも関わらずダウン症であったというケースもあるのです。
妊娠中は些細な事に対しても敏感になりがちですが、胎児の動きが少ない、多いと言った事で不安になる必要はありません。
しかし胎動が突然なくなり全く動きが感じられないと言った場合には、胎児に何らかの異常が起きている可能性もある為に病院を受診する必要性が出てきます。
高齢出産を行うにあたってこの病に対する様々な不安を解消させるには、染色体検査を行い出生前に診断を下す必要性が出てきます。
この病はエコー検査での異常、胎児の動きの多い、少ないだけで診断を下す事は不可能なのです。

スポンサーリンク