ダウン症 顔貌 原因

ダウン症の特徴的な顔貌の原因

スポンサーリンク

染色体異常が引き起こすダウン症は現代の医学では治療する事は出来ません。
この病を引き起こす原因として高齢出産による卵子の老化や環境汚染等が考えられておりますが、詳しい原因は解明されておらずまだまだ謎の多い病なのです。
ダウン症の症状とは、知的能力や運動能力の遅れや特徴的な顔貌を持って生まれてきます。
くっきりとした二重で目尻が吊りあがり、鼻が低く顎が小さいと言った顔貌が特徴です。
横から見ると扁平な顔立ちをしており、口を開き舌が出ていると言ったケースも良く見られます。
ダウン症の患者の顔貌は共通しており皆似たような顔貌をしています。
その原因とは顔の筋肉の発達のバランスが上手くとれない為だと考えられます。
顔の外側は正常に発達しているにも関わらず内側の発達が遅れる為に外に引き伸ばされた様なアンバランスな顔貌になるのです。
この特徴的な顔貌は幼少期からマッサージを行う事で改善させる事が出来ます。
日常的にマッサージを行い表情筋の発達を促進させていかなければなりません。

スポンサーリンク

ダウン症特有の顔つきを改善させるには、親が日常的に顔のマッサージを行う必要性が出てきます。
頬に円を描く様にゆっくりとマッサージを行ったり、口の周りを優しく両手でなぞり表情筋を刺激します。
そして親が様々な表情を作り子供に真似をさせる事も表情筋の発達に大きく繋がります。
子供と向かい合いながら口をすぼめたり、目を大きく見開いて思いっきり閉じたり等様々な表情を作り合う事で徐々に表情筋が発達し特徴的な顔立ちが改善されます。
そしてこう言ったマッサージには親子の絆を深める効果がある為に、親も子供と一緒に楽しみながら積極的に行って行くと良いでしょう。
ダウン症の患者は、筋肉の発達が健常者よりも大幅に遅れてしまう為に日常的に筋肉を鍛える訓練が必要となります。
親が幼少期から訓練を行う事で症状を劇的に回復させる事が可能となります。
ダウン症特有の顔つきを改善させたいと言った場合には、幼少期からマッサージをスタートすると良いでしょう。

スポンサーリンク